気分良く過ごせる時間を作りましょう

日常起こる様々な出来事に対し、私見で綴っていきたいと思います。

トランプ氏 「不法移民、犯罪者をまず送還」発言 内容

▼▼▼あと5万くらい給料が増えないかな?と思っている方はこちら▼▼▼


      2016/11/15

 

アメリカ次期大統領のトランプ氏の発言内容が様々な形でメディアに登場しますが、今回は「不法移民、犯罪者をまず送還」という発言に関して、私見を書かせていただきたいと思います。

 

1100万人超といわれる不法移民

トランプ氏は、13日放送のCBSテレビのインタビューで、「1100万人超といわれる不法移民」に関し、次のように述べたと報じられています。

 

犯罪歴のある200万~300万人をまず強制送還する

 

この考え方は、米国民を犯罪から守るという思いと解釈すると、国家のトップとして当然の思いだと感じました。

 

米国内不法移民を出身国別に捉えた調査結果では、メキシコが481万人で全体の約69%を占めています。

つまり、他国を大きく引き離して断トツのトップということになります。

アメリカの1990年における推定不法移民数204万人に比べ2.4倍と増加数も際立って多いという結果もあります。

 

移民の中心は、主にヒスパニック系移民とアジア系移民とのこと。1990年の国勢調査では、外国生まれのヒスパニック系は841万人で総人口の3.3%、全外国生まれ市民1977万人の42.5%を占めているとされています。

 

日本に置き換えてみると、隣国の韓国・中国の出身者と考えれば、より理解が深まると思います。

ちなみにこれらの国々の出身のわが国における犯罪率は、次の画像の通りです。

03

 

移民と言う正しい手続きを取ったかどうかは別にしても、他国の出身者が多く生活するようになると、犯罪発生率が高くなる傾向にあると思います。

 

つい最近の話ですが、ドイツでは移民がドイツ人女性に集団で暴行加えた事件が発生していますし、フランスの都市カレーでは、移民集団が幹線道路を走るトラックを襲うなどの事件も多々発生しています。

 

トランプ氏の移民に関する公約

大統領選の遊説などで、トランプ氏はもともと不法移民全員を強制送還すると公約。

しかし、大統領選の途中から犯罪歴のない不法移民の扱いについては、グレーゾーンとしてきた経緯があると思います。

 

インタビューでトランプ氏は「数百万人を強制送還する公約は実行するのか」と問われた時、

「犯罪者、犯罪歴のある人々、ギャングのメンバー、麻薬密売人は国から追放する」と考えを表明しました。

ただ、「素晴らしい人々の扱いは国境を万全にしてから決定する。彼らはすごくいい人々だ」とも語ったそうです。

 

不法移民防止対策「メキシコ国境に築く壁」

また、トランプ氏はメキシコ国境に築く壁について、レンガや漆喰という方法も採用するが、フェンスもその対象にすることも示したようです。

 

しかし、米国とメキシコ国境は、3,200kmもあり、この距離にレンガ・漆喰・フェンスを張り巡らせると、建設費は一兆円以上かかると言われています。

しかも、この莫大な建設費はメキシコへ負担させるという発言もありました。

 

実際にアメリカとメキシコに壁を設けるといったことをする前に、メキシコ政府に対し、自国の不法移民を徹底的に取り締まれというメッセージをトランプ氏は発しているような気がするのですが、皆様は如何でしょうか?

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!



<▼▼▼▼▼自宅で簡単!副収入を得る方法を無料公開中!▼▼▼▼▼


スポンサードリンク

 - トピックス , ,