石橋貴明西内まりやさんへの“胸攻め”で番組打ち切りの危機?動画有

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

石橋貴明 西内まりやさんへの“胸攻め”

今年の10月15日に放映された『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナーである『食わず嫌い王』。この時のゲストは、石橋貴明側に西内まりあさん、そして木梨憲武側にはハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンさんが、『食わず嫌い王』に挑戦しました。

このコーナーでは、毎回ゲストが男女1名ずつ招待されるのですが、必ず女性は石橋貴明側に、男性は木梨憲武側にセットされていますよね。石橋貴明側にゲスト出演している女性への接し方は以前から問題視されていたと記憶があるのですが・・・

さて、今ネット上で問題となっているのが、石橋貴明の西内まりあさんに対する“胸攻め”、女性の方がこのシーンを見ると猛烈に腹の立つシーンではないかと思っています。

『食わず嫌い王』で石橋貴明側に座った西内まりあさん。緊張気味でしたね。そこで石橋貴明が、

「(胸が)バクバクしている?」

年からと胸を揉みしだくポーズ!

石橋貴明西内まりやにセクハラ

出典:http://sp.starblog.jp/

どうです?こんなこと会社内でやるようなものなら、大問題になると思いません?それを不特定多数の視聴者が観るテレビ番組内で???

このような芸風しかないので、女性ゲストは石橋貴明側に座らされるのでしょうか?もしそうであれば、フジテレビの質も疑われることになってしまうと思います。「笑いをとる」ということは、素人の私にとってみればとても簡単なことではないと認識していますが、こうした女性が嫌がるような行為で笑いをとるのはナンセンスだと感じます。

石橋貴明のこのような行為が度重なって続いたため、西内まりあさんも心の叫びを上げる瞬間がありました。

石橋貴明西内まりやにセクハラ2

出典:https://i.ytimg.com/

西内まりあさんはとても我慢したのでしょうね。番組の収録ということもあり、またゲストにはハリウッド俳優のヒュー・ジャックマンさんを迎えているということもあり、画像のように怒る様子もなく、「嫌なことをされている」という気持ちを表現していると感じました。

番組打ち切りの危機?

このような状況で放映された『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気コーナー『食わず嫌い王』。放映後には、たくさんの視聴者から抗議の声が届きました。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』は、1997年から放映されているフジテレビの看板長寿番組。しかし、近年視聴率の低下が局内でも問題視されている中、今回の石橋貴明のとんでもない行為が番組打ち切りの方向で進められていると、あるフジテレビ局員がこのように話していると言われています。当然の話だと思いませんか?

フジテレビの看板番組のひとつとして、めちゃイケも番組打ち切りの噂が絶えません。一体、フジテレビはどうしちゃったんでしょう???

関連記事:親会社から宣告 フジテレビ100億円削減令で給与減の大粛清

ヒュー・ジャックマンさんが驚いた行為

このような石橋貴明の西内まりあさんに対する胸攻めが続く中、ゲストで招待されたヒュー・ジャックマンさんは、目を丸くして「WOW」とつぶやき、石橋貴明の行為に終始、呆れた視線で観ていました。

ヒュー・ジャックマンさんは紳士的な方なので、すかさず石橋貴明に注意を促すのです。

「スゴイな‥‥、僕がそれをやったら問題だ」

「(向こうでは)そんなことしちゃダメだよ」

ヒュー・ジャックマンもドン引き

出典:http://www.tritontv.com

「アメリカの場合だったら絶対に許されない行為だ!」という意味で、石橋貴明に忠告をしたヒュー・ジャックマンさんでしたが、その意図は石橋貴明に伝わらず、以降に胸攻めが続いたのです。

「石橋貴明西内まりやさんへの“胸攻め”で番組打ち切りの危機?」まとめ

いかがでしたか?

公共の電波を使ってこうした石橋貴明の西内まりあさんに対する卑劣な行為を放映したフジテレビ。放映するということは、当然局内の放映承認を受けたはずでしょうから、フジテレビのテレビ局としての質を物語っていると思います。こんな行為を容認するということは、局内でも許される行為として社屋の中でも問題になっているような気がしますが・・・

女性アナウンサーも数多く在籍しているでしょうし、男性社員が女性社員に対する接し方は「あれで良い!」と認めていることを、フジテレビ自身が世間に発していると思わないのでしょうね。

さらには、ハリウッドスターのヒュー・ジャックマンさんを招へいしているわけですから、日本のテレビ番組の品質について相当評価を落とす結果になり兼ねません。ひとつの番組がこのように悪評を高めてしまうと、他の番組にも影響が出るのに・・・

この事例は、自分の会社に置き換えて考えると容易に理解できると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク