嫌な上司の特徴 私の対処方法

スポンサーリンク

嫌な上司に当たると、本当に仕事のやる気がなくなりますよね。「なんでコイツがこの立場にいるんだ?」とつい同僚に愚痴をこぼしてしまいがちですが・・・

十年以上会社にいると、一人や二人は嫌な上司がに当たってしまいます。運が悪いとしか言えませんね。

さてさて、嫌な上司の特徴はそれぞれありますが、私の場合はこんなタイプに遭遇してしまったので、列挙したいと思います。

嫌な上司の特徴

出世欲を剥き出しにするタイプ

自分の上司の機嫌取りからはじまり、部下の手柄を横取りし、部下の仕事振りの悪さを主張し、そのカバーは自分がしたと訴えるタイプ。

頭に来て退職願をたたきつけたことがありますが、彼は何て私に言ったと思います?

「俺に出世に関わるから、辞めてくれるな!」

と言い放った!

「俺はあんたの出世の道具じゃねえよ!」

と腹の中で思い、先輩・同僚にいきさつを話し、噂を広めた後にその上の上司に退職の意思を伝えました。そうしたら、さらに担当役員が急きょ登場、事情を説明しました。

十数年前の役員は、何かことを起こす時に、事実確認をしている習慣があったので、先輩・同僚に話しておけば、自分の正当性を第三者が話してくれるので、私の話以上に信ぴょう性が高まると思いました。だって、先輩・同僚もコイツには閉口していましたからね。

翌月、その嫌な上司は他の部署へ異動することに・・・

私?二十代でした(笑)

変な自信があるけど必ずスベるタイプ

過去の輝かしい営業成績をいつも自慢し、違う話題をしていても必ず自分の自慢話にもっていくタイプ。彼の今は過去からまったく変わっていないので、現状を把握し現状に適した対応ができず、さらに上の上司からいつも怒られる。団塊の世代に多かったです。

現状に適した対応が出来ないから、支店や営業所に行くと仕事外の話を持ちかけ、黙っていると延々に語ります。最初は今、自分が興味を持っていること⇒過去の栄光⇒自分の家族の話題と自慢。当時、カバン持ちでしたから、隣で聞いてて「真正バカ」と思うと、支店長や営業所長とアイコンタクト!

後で聞いたら、私と同じ思いでした!

当時30代。

体裁100%で役員等から受けが良いタイプ

とにかく、役員から受けが良く、ランチなどに役員の方から誘われるタイプ。大勢のいる会議体でも、堂々と話せることができ、また流暢なしゃべりで「こりゃ、役員受けするわな~」と思わず思ってしまう。

しかし、部下を区別し、自分と同じ支店や営業所の出身者には甘く、それ以外の出身者に割と厳しく対応する。

自分に自信のない仕事が舞い降りたら、自分が面倒と思った部下には仕事を依頼せず、出来そうな部下にしか依頼しない。

出来そうな部下を捕まえて仕事の依頼をしても、部下から断られた場合はこのような定番の口癖を発します。

  • 僕は、仕事が出来る人にしか仕事を与えない。
  • 君は優秀だから、仕事を依頼するんだよ。
  • この仕事をやれば、君の評価が上がるはずだ。

馬鹿じゃねぇの!

それは説得であって納得につながらないってば!

裏を返せば、自分に自信がないからこんな言葉で部下に仕事をさせようとします。

つまり、

肩書きで勝負するせこい奴

なわけです。一番嫌いなタイプ。こうした発言は、すぐに同僚に聞いてもらいます。

アッと言う間に社内展開されていきます。LINEトーク着信音があちこちで鳴っている!皆、仕事の邪魔してごめんよ~

どうも社内的地位が上がると勘違いする人が多く、本当に嫌になることが多いです。

こうした嫌な上司に当たってしまった場合、どうしたものか?毎回、頭を悩ませますよね。

これが40代(笑)

スポンサーリンク
集中的に腹筋を鍛えるパッド、【AbsFit(アブスフィット)】

嫌な上司の特徴 私の対処方法

不用意に近寄らない

面倒なことに巻き込まれるケースが多いので、不用意に近寄らない方が身のためです。何か、他の部署や自分の上司から自分が対応出来ない仕事を舞い降りてきた場合、出来るスタッフを呼びつけますので、視界に入らない席を確保するという手もあります。

困っていても助けない

一度助けると、味をしめて何度もヘルプが来てしまいます。過去にあった例では、

  • 社長にEメールを返信したいけど文章書いてくれる?
  • IDとパスワードって、どうやって入れるの?
  • これって何と読む漢字?意味は?
  • この仕事はどんな内容?僕にはわからないからやっておいてよ。
  • この決裁は、僕にはわからないから承認印は押せないよ。
  • 社長にこれをやれ!と言われたけど、どうしたら良い?

あ~、面倒だった!

困るだろうけどアドバイスしない

変に自信を持っている嫌な上司ほど、自分のプランを押しつけてきます。「これは決裁されないだろうなぁ」と思っていても、肯定も否定もせず自分の意見も言わず、黙って様子をうかがいます。一度や二度は、アドバイスしますよ。でも、何度言っても効かないからアドバイスは辞めました。

決裁は通らないことが増えて、案の定困るはず。これを繰り返ししていると、向こうからだんだんと距離をあけてきます。

よっしゃぁ!

出来るだけ記録を残す

部下の話に耳を傾けず、自分の主張だけを押し通そうとするタイプなら、ボイスレコーダーを忍ばせておくといいです。パワハラまがいの言質ととっておきましょう!

私が買ったボイスレコーダーはこれ!

録音モードにすると、赤いランプが点灯するものが多い中、これなら、胸ポケットにしまっておくことが可能です。パソコンのUSBで充電出来るし、デスクの上に置いていても、怪しまれません。

もし、仕事を頼まれた場合、最優先で資料を作り日付を書き、離席中に机に置いておく。そして自分のダイヤリーに提出したことを記しておく。これでバッチリ!

いかに手ごわい部下であることを印象付け、仕事を頼みにくいイメージを植え付けることが大事だと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク