がばばば ネタバレ 検索すると別バージョンもあり?新しい広告手法か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

つい最近の話。Yahooなどの検索窓に「がばばば」と入力すると・・・恐ろしい検索結果が出ると話題になりました。

がばばば ネタバレ

そんな話を知って、ヘタレな私は検索するまでもなく。何か新しい新種のウィルスでも勝手にインストールされたらと思い、ちょっと興味がありましたが辞めておきました。

しかし、ちょっと「がばばば」だけでも入力するだけならと、興味本位でやってみると・・・

がばばば

こんなポップアップが出ると、あなたはどれを選びますか?

続けるを選んだ方⇒真の勇者

無音で続けるを選んだ方⇒勇者

やめるを選んだ方⇒賢者

私は賢者の道を選びました。結果がコレ↓

がばばば

がばばば ネタバレ!

結果として、世にも奇妙な物語の予告動画へ誘導するものだったんですね。

続けるを選んだ方⇒真の勇者と

無音で続けるを選んだ方⇒勇者の方は、

「たすけてたすけてたすけて」と検索入力枠にこのような文字が勝手に入力され、画面にはうっすらと少女の横顔を観ることになるようです。

そして、上の画像のようなウィンドウに切り替わるとのこと。

しかし、恐怖感を大々的に煽っても、やはり検索をする人っているものですね。パソコンのセキュリティがしっかりしている方なんでしょうか?

ネットでは、あまり詳しくない人を狙って悪意のあるウィルスを送り込むウェブサイトも多数ありますから、やはり用心に越したことはありません。

スポンサーリンク

新しい広告手法か?

インターネット上で、「がばばば」といった世間の話題を創出し、こうした誘導をするなんて新しい広告手法としか言えませんね。

しかし、このことはインターネットやツイッターなどが、情報を拡散する道具として捉えると、確かに有効な広告手段として活用しないわけにはいかないと考えます。

しかし、恐怖感を味わせるのはどうかと???

がばばば 別バージョンもあり?

この「かばばば」は、世にも奇妙な物語への誘導でしたが、江頭2:50さんやノンスタイルの井上さんなど、芸人さんの画像に変わる別バージョンもあるそうです。

そこまでの検証はやっぱり辞めときます。そして私は賢者の名を撤回します(笑)

これはどんな仕組みなのか?

あまり詳しく調べてないのですが、今まではhtml4というインターネットの画面を表示するための言語(という言い方になってしまいます。詳しい方すみません。)でしたが、今度はhtml5という言語を使うと、このようなテクニックが出来るみたいです。

参考)

■HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)

ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語である。

引用:ウィキペディアHyperText Markup Language

我々はインターネットを開くときに、ブラウザと呼ばれるアプリケーションを使って、様々なウェブサイトを見ているのですが、パソコンではインターネットエクスプローラーやグーグルクロームなどのアプリケーションを使っていると思います。

がばばば」を検索しても、使っているブラウザの種類によっては開かないもののあるようですので、勇者の方はインターネットエクスプローラーで検索をかけると「がばばば」の検索結果を見ることが出来るようですね。

私は推薦しているのではないのですが、勇者のための情報提供として捉えて頂きますようお願いします。あくまでも自己責任ですよ。

参考記事 偽Google サイトに関する記事 ←ここをクリック

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク