気分良く過ごせる時間を作りましょう

日常起こる様々な出来事に対し、私見で綴っていきたいと思います。

軽度認知症の予備軍?和田アキ子さんが「駆け込みドクター!」で初検査

▼▼▼あと5万くらい給料が増えないかな?と思っている方はこちら▼▼▼


      2015/11/22

Dieta

8日放送のTBS「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」に出演予定の歌手和田アキ子さんが認知症の検査を受けたとのことです。

その結果は・・・

 

「予防をしなければ、5年以降に認知症になる可能性が高い!」

 

とのことでした。

和田アキ子さんは65歳。自分はあと何年後だ?と考えると他人事ではありません(怖)

和田アキ子さんについて知らなかったこと

和田アキ子さんは、「R&B歌手なので世界に通用するような洋モノの名前がいい」ということをコンセプトに芸名を検討されていたようで、「マーガレット和田」という名前になりそうだったみたいですね。

 

和田アキ子さんの青春期は、やんちゃであったことは有名ですが、その原因とされているのが父親の存在。和田アキ子さんの父親はなんと柔道の道場を開いていたそうです。

和田アキ子さんは中学1年のときにはすでに柔道初段。さらに日本武道特有の礼儀作法・しつけに関しては和田アキ子さんの父親は相当厳しかった。さらに男性優先の家庭だったので、鉄拳制裁・暴力は当たり前だったみたいです。

だから、この父親に反発してやんちゃをするようになりました。

 

という過去をお持ちの和田アキ子さんですが、実はですね、動物が苦手で、蛇などの爬虫類をはじめ、犬も嫌い。大柄な体格からは想像が出来ません!

認知症

認知症をWikiで確認すると、

「認知症は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態をいう。犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。」

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E7%97%87

 

とありましたが、芸能人の方でも認知症であることを告白するケースが増えてきていますので、自分の親世代の話とは思わず、いずれ自分たちもその年齢に達するのですから、出来るだけ予防に努めるようにしたいですね。

 

認知症の症状

  • 記憶障害・・・記憶を思い出すこと、新たなことを覚えることができない。
  • 失見当識・・・時間や方向感覚が失われ、相違を区別して認識できなくなる。
  • その他・・・幻覚・妄想、徘徊、異常な食行動(異食症)、睡眠障害、抑うつ、不安・焦燥、暴言・暴力(噛み付く)、性的羞恥心の低下(異性に対する卑猥な発言の頻出

とちょっと調べただけでも、こんなにあります。大切な家族がもしこうなったら、仕事どころではありません!

 

スポンサーリンク

Dieta

 

認知症の実情

今から10年後の日本では、認知症患者は700万人超となり、さらに65歳以上の5人に1人が発病すると予測されています。65歳以上の運転免許の規制が新たに導入されるかも知れませんね。歩道も安全ではなくなった時代ですから、子供・高齢者には厳しい交通環境になりそうです。

また、認知症全体の発症率についてですが、85歳までは緩やかに上昇。そして85歳を越えると急激に上昇するという傾向にあるそうです。

さらに片親が認知症のケースは恐ろしいものがあります。本人が発症する危険は10〜30%上昇。そして恐ろしいことに、片親が早期発症のアルツハイマー型認知症のだった場合、例えば親の発症が50代前半なら、関連データから本人発症の危険は約20倍となるという試算がされています。

 

認知症は「治療法がない病気」と言われて久しくなりますが、生活習慣や食事、運動といった日ごろの過ごし方でも予防になるという専門医の見解もあります。

今は何でもなくても、ある日突然・・・認知症を患った親がいる私の知人がいますが、自分の顔さえもわからなくなって悲しい、と彼は落胆した表情を浮かべてました。

和田アキ子さんがこの番組に出演し、認知症の予防検査に臨んだのは、「和田アキ子さんが勇気を持って検診することで、予防の大切さを伝えられたら」という内容で番組からオファー。和田アキ子さんは快諾したそうです。

 

もし、和田アキ子さんがこの番組に出演しなかったら、私もこの記事を書くことはなかったですし、彼女の英断に感謝しています。ありがとうございました!

 

家族を悲しませないためにも、予防としていいものは出来るだけ取り入れたいと思っています。かなり考えさせられた話題でした。

 

 



<▼▼▼▼▼自宅で簡単!副収入を得る方法を無料公開中!▼▼▼▼▼


スポンサードリンク

 - 芸能界の話題