スポンサーリンク



織田信長 人間五十年

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WS000001

私は、ごく普通の会社員です。

最近の会社の業績は決して良くないです。

なぜなんでしょうね?

歴史が好きで、織田信長の時代から興味が高まり、

やがて近代史まで関心を持つようになりました。

織田信長と言えば、桶狭間の戦いが有名ですが、

私も例にもれず、

この桶狭間の戦いを「まんが日本の歴史」という

本を友人から借りて読んだことが

歴史への興味を持つきっかけとなりました。

人間五十年

織田信長は、いくさに出る前に、

「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、 夢幻の如くなり。

ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」

と謡い、出陣したとの説があります。

この「人間五十年」という節がありますが、

私も五十近くになり、

当時の寿命が仮に五十とした場合は、

私もそろそろ寿命が尽きる、

という解釈も出来るかと思います。

人間五十年近く生きてますと、

様々な方々に出会う機会があります。

人として素敵に思える、または見本となる方、

真似してはいけないと思える言動や行動をする方

といった思いを何度も経験します。

前者の

「人として素敵に思える方、見本となる方」の

共通点としては、

接していて、「気分が良い

ということだと思っています。

言い換えると、

一緒にいて「心地が良い」ということです。

後者においてはお気づきの通り、

一緒にいて「気分を害する」

ということになります。

では、「気分を害する」と相手に

思われてしまうのは何故かという話になりますが、

「相手の立場になって物事を考えることが出来ない」

という人だと思います。

50近くまで会社員をしていますと、

管理職に就く機会があります。

幸いにして、

私は管理職をさせていただいておりますので、

一緒に仕事をするスタッフに囲まれて

日々仕事に携わっています。

管理職と言っても、

その立場の解釈は人それぞれなんですね。

中には管理職になったから

威張る、

自慢する、

横暴になる、

偉そうに語る、

といった職場で一緒に働いている方々の

気分を害する発言や行動をする方も存在します。

管理職に就いている大抵の方の年齢は、

私とそれほど年の差はないのですが、

このような言動や行動をされる方がいると

残念に思えて仕方ありません。

人間五十年という寿命の根拠?

ではこのような方々に注意を促し、

適切な言動や行動に導けばよいであろう!

というご意見もあろうかと思いますが、

人間とは不思議なもので、

年齢を重ねるにつれて、

人の話を聴く耳をもたなくなるものです。

今まで生きてきて経験したことを基本に

目の前に起こった数々の問題を解決しようと

するのですが、

何故かこれまでの経験値だけで

判断し解決しようとする傾向があります。

この傾向が強いのは

会社でいう高い役職者であればあるほど

顕著なんですね。

こうした方々に対し、

決して適切ではない判断や指示であると

わかりやすく説明しても、

最初の判断・指示を曲げないことが

多々あります。

そうなってくると、

部下たちは不適切な行動を取りますので、

結果が出なくなってしまいます。

業績が悪いひとつの要因には、

上級管理職の「部下の話を聞かない」

というスタンスもあるのではないでしょうか。

こうした方々に触れるたびに、

「なぜ、人の話に耳を傾けないのだろう?」

と思います。

人間五十年という寿命の根拠は、

ひょっとして、

自分自身の不適切な発言や行動に対して、

警鐘を鳴らしてくれる貴重な人々の話に

耳を傾けなかった結果、

自ら寿命を縮ませることにつながったのでは?

と個人的に思っています。

自分の判断や結論がすべて正しいのでなく、

貴重な助言や警鐘を鳴らしてくれる方々の話を

良く聞いて、「何が最適なのか?」

彼らと考えてから、

言動・行動に移していきたいと思います。

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする