出世欲権力欲が強い人の対処方法を考えてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

WS000000

最近、以前書きました当ブログの記事にある

タイトル 出世欲や権力欲の強い人 ←ここをクリック

という記事を読んで頂ける方が増えてきました。小生のブログに目を通して頂きまして、本当にありがとうございます。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

さて、例に漏れずうちの会社でも「出世欲や権力欲の強い人」が相応に存在します。そこで、こういった方々に対する対処方法を考えてみました。(というより、私が実践している方法なので、参考になるかどうかわかりませんが・・・ご了承願います)

出世欲権力欲が強い人のパターン

このような出世欲権力欲が強い人のパターンは、おおむね2種類に分かれるような気がします。

仕事が出来て出世欲権力欲が強い人

これはとても手ごわい相手です。結論から申し上げると、必要以上に近付かないようにしています。

このパターンの人は、「自分にとってプラスかマイナスか?」で相手を判断し、プラスと判断した時は、容赦なく自分のホームグラウンドに引き込みます。

そのホームグラウンドは、行きつけの飲み屋やゴルフ場など、いつでも自分が主役になるような場所を選び、いつでもお山の大将になれるようにその場を作っていきます。

さらに始末の悪いことは、連れてきた相手に「お金を出させない」ことをしてきます。ゴルフの場合は例外ですが、飲み代なんかは結構気前よく自腹を切ります。

自腹?

実はからくりがあって、営業系なら取引先から何かのリベートをもらう、あるいは会社の領収証を使ってうまく費用で処理するなど、手口がかなり巧妙です。

一緒に行った方たちは、「恩義」を感じるのでたとえ「胡散臭い」と思っても、「恩義」のために一緒に仕方なく行動させられてしまう羽目になります。

しかも、仕事が出来るから、例え怪しいと思われてもお咎めにはならない。だからタチが悪いのです。

さらに悪いことに、「自分にとってプラスになる人」を見つけてきて、今まで引きずり廻した方々となんとなく疎遠に持ちこみ、鞍替えをしていきます。いわば、人を土台にして社内的地位を上げていくタイプです。

もうひとつ語らせてもらうと、仕事が出来るために自分より上の役職者から、自分の評価をいいものにするために、お世辞やゴマすりなどせず、その上の役職者が仕事上で困っている情報を探り、先回りして解決したりします。

本当に隙のない人がいると思います。大抵は、ボロが出るものですが、このようなタイプは中々ボロを出しません。

ということなので、私は自分が馬鹿を見るため、必要最小限の接触にとどめています。

仕事が出来なくても出世欲権力欲が強い人

これは、私のようななんちゃって管理職に多いのではないでしょうか?

彼らの特徴は、「俺は仕事が出来る人間だ!」という意識が強いことが多く、私はこれを「根拠のない自信」と評しています。

そして、一方的にライバルと思っている同僚を仮想敵国と考え、地雷を巻くか、知らないところで上級管理職への”偽情報”を流し、ライバルを蹴落とす行為を行います。

今では密告に適した飛び道具、つまりメールという奴を使い、上級管理職へ偽情報を流し、コソコソ裏に隠れてミサイルをの発射ボタンを上級管理職に押させようとします。

この場合、その上級管理職に人を見る目があった場合は、完全無視できるのですが、上級管理職に人を見る目がない場合は致命的な結果が出てくる可能性があります。つまり、「飛ばされる」という結果のことです。

私も過去、一発だけくらったことがありました。しかし、濁流に巻き込まれず、結果オーライでしたけど(笑)

このミサイルのおかげで、来月1日付けをもって異動。出世欲や権力欲の強い人が一人の社員を不幸に陥れました。左遷・降格同様の人事異動に発展したということになります。

仕事が出来ないのに人事まで影響を及ぼせる力があるのか?と思う方もいらっしゃると思いますが、「根拠のない自信」には裏があって、その自信=さらに上の役員がバックにある、という根拠に他なりません。

こんなシーンが目の前で起きると、自分にも火の粉がかかることを恐れて、誰も注意しなくなります。だから、「出世欲や権力欲の強い人」が社内を闊歩するようになり、真面目に仕事をしている人が浮かばれない風土になっていきます。

最後に・・・

仕事も出来ない上に、役員クラスのバックがいない出世欲や権力欲の強い人。

  • 部下の手柄を横取りする。
  • 成果はすべて自分がやったことにして上長に報告をする。
  • 陰で勝手に思い込んでいるライバルの悪口を言いふらす。
  • 自分しか出来ないと思う仕事を人に教えない。
  • 「俺には部長なんか勤まらない」などと謙虚さをアピールする。

これは放置プレーで十分。表面上は普通に接して、基本的に相手にしないです。しかし、このようなタイプに上級管理職は騙されやすいですね(笑)

基本的に「出世欲や権力欲の強い人」には近づかない。重要な情報も流さない。これが一番です。相手にすると面倒なことに巻き込まれるし、結果として自分に都合が悪い状況になるのがオチですから。

会社の業績が上がらないことに悩んでいる経営者の皆様、こんな風土になっているかも知れませんよ。

お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク