気分良く過ごせる時間を作りましょう

日常起こる様々な出来事に対し、私見で綴っていきたいと思います。

出世欲や権力欲の強い人

<▼▼▼あと5万くらい収入が増えないかな?と思っている方はこちら▼▼▼


      2015/11/22

ひざまずけ

 

 

人それぞれ生き方のコンセプトというものが

あると思うんです。

例えば、「世の中の困っている人を助けてあげたい。」

「誰かのために役に立ちたい。」

「家族が幸せに暮らせるよう頑張りたい。」

という生き方です。

 

記事のタイトル通り、出世欲や権力欲の強い人について、今回は書いてみたいと思います。

社員は上司を良く見ている

人の生き方にコンセプトがあるということに

気がついたのは、

40歳を過ぎていました。遅い方かも?

 

20代・30代の頃は、

「俺がやるんだ!」「俺の他に誰がいる?」

といった「俺が」「俺が」という

意識をむき出しにして、

仕事に取り組んでいました。

 

いつしか、そんな考えが吹っ飛び

物事を俯瞰してみることが出来るようになると

「俺が」「俺が」が無くなってきたと

思います。

 

サラリーマンにとって

会社における地位というものは、

確かに魅力です。

 

私の場合、この魅力と言うのは、

「昇給する」ということの魅力であり、

「昇給する」=「家族に持ち帰るお金が増える」

ですから、社内的地位の上昇は

出来ることなら何とかしたいと思うわけです。

 

「社内的地位を上げる」

というコンセプトをお持ちの方は、

このコンセプトに従った

様々な言動・行動を起こします。

人それぞれです。

 

私の場合、「家族に持ち帰るお金が増やす」

というコンセプトですが、

「社内的地位を上げる」をコンセプトにした方は、

自分の手柄を上長にアピールする

あるいは、

または失敗を部下に押しつける

または、

ライバルを蹴落とす

⇒評価を受ける⇒昇格する

といったストーリーを描くようです。

 

常識的・良識的な社員たちは、

こうした

自分の手柄を上長にアピールする、

失敗を部下に押しつける、

失敗を部下に押しつける、

という上司の行動はよく見ているものですね。

 

このような「出世欲の強い」方々は

不思議とうまく部下と付き合っていると

勘違いする方が多のですが、

そんなことはありません。

 

何も指摘しないのは、

「面倒だから」

「言っても話を聞かない」

からです。

関連記事 織田信長 人間五十年 ←ここをクリック

 

このような方は、誰からも指摘を受けないので、

どんどん部下から信頼されない言動・行動が

増えてくることになります。

出世欲や権力欲の強い人は情報共有されてます

面白いもので、

私が

成果を上げる⇒評価を受ける⇒昇格する

このようなスタイルで仕事をしていますから、

共感いただいた方々が

周りに集まってくれます。ありがたい!

「類は友を呼ぶ」

こうして集まって頂いた方々と

親交が深まるので、いろんな情報が飛び交います。

他の部署の方々とも交流がありますので、

その情報は様々です。

 

役員の交際費乱用

社内不倫

経理の不正処理

社内規約違反

パワハラ・セクハラ発言

などなど。

 

特に多いのが、

「出世欲や権力欲の強い人」

方々の発言と行動です。

 

こうした上長と一緒に仕事をしている

常識的・良識的な社員は、

ものすごい不満を持っているので、

誰かに伝えたいと強く思うものです。

 

そこで聞き役となるわけですが、

私のような”なんちゃって管理職”には

どうすることも出来ません。

関連記事 管理職としての部下の育成方法・指導 ←ここをクリック

 

しかしですね、

例え上長が好ましくない人間であっても

彼らに正面から戦った場合は、

結果としてその上長に軍配が上がるのです。

実は、私もそれを経験しました。敗戦です。

今まで通り質の高い仕事を続ける

で、

敗戦するのは実は簡単な構図で、

「バックに控えている権力者」が

ジャッジするからなんです。

 

この「バックに控えている権力者」が

常識的・良識的な人間でない限り、

社会人としても人としても

常識的・良識的ではないジャッジを下すので、

いくら正論を唱えても敗戦するのです。

 

そうであれば、

常識的・良識的な社員はどうすれば良いのか?

という話になりますが、

今まで通り適切な視点に立って

仕事を進めましょう!ということを

彼らに話しています。

 

確かに腹が立つし、気分が悪くなるのは

理解できますが、

仕事の質を落としてしまうと、

会社全体の仕事の質の下降につながり、

結果として我々の給料に影響が出てしまうからです。

彼らのガス抜きは、私が喜んで致します!

 

とは言え、

 

私も何とかして彼らを救いたいと思っていますので、

社内的地位が高い人に影響力のある

常識的・良識的な方へ事実関係を伝えること、

が今出来る手段だと思っています。

 

意外と成果が出ているんですよね。

 

こんな私ですが、

攻撃してくる同僚だっています(笑)

こちらとしてはライバルとは思っていないですが・・・

その同僚の話は別の記事で語りたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。



<▼▼▼▼▼自宅で簡単!副収入を得る方法を無料公開中!▼▼▼▼▼


スポンサードリンク

 - 会社のこと