ブラック企業ではなくブラック部活も存在するのか?ブラック部活の実態

スポンサーリンク

今時、根性論で部員を動かそうとする指導者。まだいるんですね。最近では、中学校あたりの部活動では、保護者が教育委員会の許可を得て、指導員となるケースが増えているそうです。私の友人も、息子の野球部の指導員として、毎週日曜日に部活動のサポートをしています。

現役の教諭も、ブラック職業と言われるケースもあり、何だかおかしい状況になってきましたね。

”ブラック”と呼ばれるもの

そもそもブラックとは「悪いもの、タブーの象徴」というイメージのあるものを指しています。ブラックジョーク、ブラックリストなどに代表されるものです。

ブラック企業の定義

最近のブラック企業を指す意味は、過重労働や違法違法労働で従業員を使い潰して、次々と退職者を出し、抜けた従業員をまた雇用し、この繰り返しをする企業のことです。

特に被害を受けているのは、就職難で厳しい状況にさらされている若者たち。定職に就くことを諦めた人とは違い、「収入を得る」ために必死になって仕事をしていたんでしょう。

最近では、正規雇用以外の非正規雇用まで、こうした過重労働や違法違法労働を強いるケースもあるとか?ブラックバイトと言う名称まで出てきていますからね。

自分の子供がこうしたブラック企業に社員として、あるいはバイトとして働くようになった場合、うまく対処していきたい・・・そんな風に思います。

ブラック部活の実態

冒頭にも書きましたが、ブラック部活というのは、指導者が根性論で部員の健康に異常をきたすほどの練習を強制し、なおかつ、その指導者は絶対権力者という形で、部員からの意見などは一切聞かないといった絶対君主制の王様みたいな人間です。

確かに受け持つ部活が、全国大会などメジャーな大会に出場するのは学校としても嬉しいことですが、いくらなんでもやり過ぎはいかん!

野球の場合、野球推薦というのが今でもあるのかどうかわかりませんが、こうした有望視された選手でさえ、指導者が彼を潰してしまうことだって以前からありました。

痛みがあっても練習を休ませてもらえないとか、熱があっても安静にさせないとか、けがをしてもケアやすぐに治療をしないとか・・・ブラック部活は我々の時代より、さらに悪化していると思います。

ブラック部活の指導者の実態と経歴

このように、絶対権力を持つ指導者は、部員を自由に扱えるといった大きな勘違いをして、厳しすぎる、いや異常な練習を部員に強いて、ついてくる部員だけを可愛がり、ついてこない部員は眼中にいれないようです。

こうしたブラック部活の絶対権力を持つ指導者は、実は自分の過去の実績を振りかざし、酷な練習をさせている。全国大会に出場した経歴のあるような指導者が、こうしたブラック部活の指導者になる傾向にあるようです。

野球やサッカーなど、屋外で競技を行うスポーツは、指導者の行動に関して特に注意が必要です。真夏では気温が40度も超える日が続きましたが、我々の頃は30度を超える日があると、「今日は暑いな」というくらいで、今とは全然違う。

水分補給だって、当時は中々水を飲ませてもらえなかったのは事実ですが、今の状況とは多いに異なりますよね?

バレーやバトミントンなどの屋内競技も同じです。屋外とは異なり、膝をはじめとする関節を痛める可能性が高いスポーツですから、部員が何か異常を訴えたりしたら、その場で適切な処置をしないと場合によっては、選手生命だって危うくなる可能性もあります。

今回ニュース等で取り上げれらた指導者は30代ということでしたが・・・

私が高校の時は、先輩に何かと用事を押し付けられ、それは嫌な思いもしましたが、健康を害するような真似はしていませんし、顧問の先生だって練習は厳しかったですが、怪我人が出ると真っ先に駆け寄って、怪我の状況を確認し、必要に応じて治療の指示をしたものです。

「ブラック企業ではなくブラック部活も存在するのか?」のまとめ

こうして考えると、ブラック部活の指導者は「後輩いじめ」の延長戦上にあるような気がします。全国大会などのメジャーな大会に出た経歴のある人間なら、そう簡単に有望視している選手を潰すどころか、控えの選手をいかにレギュラー選手と引き上げることをするはずです。

会社も似たような人がいますが、部活は会社とは違い、人間形成やチームワークといったとても大事な経験を積む機会でもあると思うんです。

もちろんその競技で、上部大会に出場することが望ましいですが、仲間とかコミュニケーションとかその競技に打ち込んで努力した経験とか、これから社会に出て必要な様々な経験を部活動を通じて学ぶことが大事だと考えます。

ブラック部活かどうかは、その部活に所属している子供の保護者がしっかり見極め、自分の子供以外の部員が被害にあったとしても、学校長や教育委員会にその実態を伝えるべきだと思います。

いき過ぎはなんでもダメです。

「うちの子がなぜ、試合に出ないの?」

「うちの子を試合に出させて下さい。きっと勝てますから!」

という保護者もいると、知人の高校野球部の顧問が語っておりました(笑)

このような保護者は、どう扱えばよいのか?私にも適切な対応方法は浮かびません。

関連記事 出世欲や権力欲の強い人 ←ここをクリック

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク