スポンサーリンク



【下流老人】「老後はなんとかなる」と思ったあなたは危険信号点滅中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【下流老人】「老後はなんとかなる」と思ったあなたは危険信号点滅中

「老後破産」「下級老人」というような

言葉を聞いたことがある方が多いと思います。

経済的に自立が出来ない、

生活保護といった公的援助だけではなく、

何かの援助がないと暮らしていけない

高齢者のことです。

「老後破産」「下級老人」

なってしまうのは、定年前に

預貯金が少なかった人だけではなく、

現役時代に高収入であった人も

一歩間違える生き方をすると

該当する場合もあります。

一番怖いのが、

自分は大丈夫だ!

と思いこんでいる人々です。

老後のお金の現状を知っておくことから始める

日本人の平均寿命は

83歳ですから、

60歳定年から23年もあります。

その間、消費増税や社会保険の

負担増もあり、

特に40代・50代の方々は

子供の教育費の負担

も大きいことから

老後の生活のための貯蓄に回す

資金が不足がちではないでしょうか。

この40代・50代の世代の方々は

老後のお金の現状を想定し、

今から少しでもお金を蓄えておく

というように対策を講じておかなければ、

「下級老人」の道に迷いこんでしまう

可能性が大きくなると思います。

「きっと自分は大丈夫だ!」は危険信号点滅

今はまだ、老後の生活に対して

多少の不安がありつつも

「きっと自分は大丈夫だ!」という

気持ちの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、現実はそう甘くないようです。

何故なら、自分は世間一般的に

「平均的」と思いがちだからなんです。

貯蓄・保険・住宅ローンあるいは家賃など、

貯蓄や老後に実際にかかるお金

入ってくる収入のバランスを

シミュレートしたことがある方は

少ないような感じがします。

老後は必ず年収が下がる

お客様の資産運用の仕事に携わる

私の会社でFPの資格を持っている

同僚の話を聞くと、

現役時代に貯めたお金は

3000万円以上ある方もいれば、

100万円にも

満たない方もいらっしゃるとのこと。

大抵のお客様が老後の生活における

シミュレーションをご説明すると、

想定以上に収入が減り、

想定以上に支出が多いことに

驚かれるお客様が多いと話してくれた。

つまり。将来は経済的に自分は

困らないという楽観的な考えを

持たれる方が多いということです。

こうした方々には、

今から節約できる部分をご説明し、

可能な範囲の貯蓄をオススメしていると

彼は話してくれた。

しかし、子供の学費の負担はかなり大きく、

定年までに貯蓄出来るお金は、

理想的な貯蓄額に満たないケースが

多々あると指摘しています。

これは将来下級老人となる可能性

高い人々と言えるでしょう。

年収が今より大きく下がると思っていても、

予想を超える収入減少の試算額を聞くと

今まで投資してきた娯楽費等について

後悔されたお客様

数多いとも話してくれました。

もし、あなたがまだ、

老後の生活の経済的シミュレーション

行っていなかったら、

専門家に一度話を聞かれることをお勧めします。

早ければ早いほど、

対策の幅がたくさんあります。

決して「自分は大丈夫だ!」

と思わないようにしていただければ、

そんなふうに思います。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございました!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする