他人に期待しないという本当の意味 人生、人任せでは幸せになれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク



他人に期待しないという本当の意味

他人に期待し

期待通りの結果とならなかった場合のショックは、

期待した内容によって度合いは変わりますが

ショックなものショックですよね。

そのショックを感じないようにすることも、

ストレス発生防止にもなるため、

他人に期待しないという本当の意味

知っておくことが大事だと思うのです。

誤解を招く表現はしないこと

他人に期待しない

という表現をしてしまうと良い結果が

生まれることはありません。

「期待しない」ということを

もし相手に伝えてしまった場合は、

相手のモチベーション低下につながって

しまうからです。

これは、上司と部下、夫婦間でも同じ

ことが言えると思います。

例えば、私も言われたことがありますが・・・

上司が仕事を部下に依頼する時、

「これ、君にやって欲しい仕事だけど、期待しないで報告を待っている」

と言った場合と、

「これ、君にやって欲しい仕事だけど、君なら出来るはずだ。今すぐ取りかかってくれるかな?」

とでは、

部下の取り組み姿勢が異なってきます。

そして、仕事が出来る上司は、

部下が出してくる報告が

どんな内容になるかを想定して、

先回りして答えを用意しておく

そんな上司であります。

それでは、夫婦間においてはどうでしょうか。

夫が妻に

「今度の夏休みは家族旅行に行こうか?」

と言った時、妻は

「期待しないで待っている」

と答えた場合と、

「とても楽しみにしているね」

と答えた場合とでは夫の仕事に対する

モチベーションに大きく影響します。

そして配慮ある妻の場合は、

生活費の中から少しでも日々蓄えておき、

例え数万でも

旅行時の予算を持っておく

ことをすると思います。

他人に期待しないという本当の意味

前述したように、

他人に期待しないという本当の意味は、

相手の気持ちをきちんと受け止め

あるいは

相手の気持ちに人として配慮し

自分のやるべきこと、

自分がやっておくべきことを人知れず

望ましい結果を出すために自ら

粛々と準備しておくこと

が本当の意味での「他人に期待しない」という

姿勢だと私は思っています。

他人の気持ちを損なわず、

自分がやるべきこと

自分がやっておくべきこと

をしっかりやっておけばどんな結果であれ、

後悔することはないでしょう。

人生、人任せでは幸せになれない

他人に対して過度な期待をして、

期待通りの結果にならなかった

からといって激怒する人を見かけたことが

あります。

それは、

職場における部下であっても

夫婦間や恋人通しであっても

同じことです。

しかし、それは他人任せである以上

相手にその責任を求めることは、

とても理不尽な考え方であります。

信頼して全て任せることが出来る人であっても、

信頼しないという意味でなく

相手の知らないところで

自分がやるべきこと、やっておくべきことを

自然に行動に移すことが

人として大事なことだと思いませんか?

人生、人任せでは幸せになれません。

そして、

信頼と期待は別物であることも同時に

認識しておかなくてはなりません。

本気で良い結果を望むのであれば、

自分が関わっている以上、

自分が動く範囲が必ずあると思い、

今の自分が

何をしておくのがベストなのか?

を考えて、自ら行動することが必要だと

私はそう思っています。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする