2018年9月30日台風24号の進路予想を確認してみると

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク



2018年9月30日台風24号の進路予想を確認してみると

今朝、台風24号の情報を見ていると

これは十分に警戒しなくてはと思うくらいの

規模だと感じました。

上の進路予想図から、

日本列島をくまなく縦断

する見込みとなっています。

台風24号の最新情報

台風24号 九州が暴風域に 今夜、四国か紀伊半島に上陸 関東も記録的な暴風に警戒(30日7時更新)

台風24号 9月30日(日) 7時推定
存在地域   屋久島の南南西約50km
大きさ階級  大型
強さ階級   非常に強い
移動     北北東 30 km/h
中心気圧   950 hPa
最大風速   45 m/s (中心付近)
最大瞬間風速 60 m/s

引用:https://goo.gl/C8XmnF

上の記事リンクをご覧いただきますと、

30日現在の台風24号の情報が掲載されていますが、

気になるところは何と言っても、

最大瞬間風速 60 m/s

です。

昨日のニュースをご覧になった方なら

印象が残っていると思いますが、

ブレハブごと吹き飛ばされたり

街路樹が根元から折れたり

想像以上に強い風が吹いています。

不要不急の外出は避けて、

広域避難場所を確認しながら

安全な場所に身を置くことが必要です。

台風24号 大阪への影響

近畿地方の私鉄にも大きな影響が出ています。

台風24号の接近により、

30日今日のお昼ごろから順次、

各私鉄では運年を見合わせる見込みとの事。

ちなみに南海電鉄は運行本数を減らし、

午後3時には全線で運転を取りやめることを

決めています。

京阪電鉄は、正午を目途として、

特急の運行を順次取りやめて、南海電鉄と同じく

午後3時には全線で運転を取りやめる。

また近鉄も大阪・名古屋・伊勢方面を繋ぐ

特急列車の運転を見合わせることにしています。

こうした私鉄各線の動きと並行して

阪神・阪急電鉄も同じ動きをする見込みです。

大阪管区気象台発表(9月30日07時01分)

「大阪府では、今日昼過ぎから明日未明まで暴風や高波に警戒してください」

とありました。

近畿地方に住んでいらっしゃる方々は。

大阪の各私鉄が

運転を全線で運転を取りやめるとしている

午後3時前から可能な限り

外出を避けるようにしましょう!

台風24号 関東への影響台風24号 関東への影響

2018年9月30日台風24号関東地方で警戒が必要な時間帯

引用:https://goo.gl/qv8MDF

上記の図の通り、関東地方では

30日の夜に雨と風がピークに達する見込みです。

台風に備えるための食料や備品などは、

午前中のうちに買い物を済ませることが必要です。

2018年9月30日台風24号関東地方予想される雨・風・波

引用:https://goo.gl/MvMVoK

関東地方では、30日の夜から

暴風が吹き荒れると同時に、

局地的に息苦しくなるほどの雨が降る

そんな状況になる可能性もあります。

台風24号関各地域の鉄道への影響予測

※下の図は、2018/09/29 13:32現在のもの

引用:https://goo.gl/LP74zw

この図を参照していただくと、

各地域の鉄道の運転取りやめの予想時間帯

確認できるかと思います。

台風24号各地域の高速道路への影響予測

※下の図は、2018/09/29 13:32現在のもの

この図をご覧頂いてお分かりの通り、

本州にお住まい方は高速道路の利用は

30日はほぼ不可能だと考えてよさそうです。

また、30日に外出先から自宅に帰る予定の方は、

一般道を走ることが予想され、

主要国道の渋滞に巻き込まれる可能性もありますので、

休息を十分に取り、追突事故等の事故防止

努めて欲しいと思います。

30日は、台風24号の影響により

以上のように日本列島が悪天候に見舞われますので、

飛行機や船舶も運航を取りやめることでしょう。

出張などでどうしても移動せざるを得ない方は、

雨・風はもとより、災害に巻き込まれないよう

台風24号の最新情報を確認しながら、

安全に異動されることを切に願っています。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする