女芸人ナンバー1決定戦 松本人志×高須光聖 副音声で登場 放送室の再現!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

女芸人ナンバー1決定戦 松本人志×高須光聖 副音声で登場 放送室の再現!?

女芸人No.1決定戦 the W 2017】がいよいよ本日20時に放送されますね。まずは、出演者と決勝の組み合わせをおさらいしたいと思います。今回の女芸人No.1決定戦 the W 2017の優勝者にはなんど賞金1000万円!決勝に残った芸人の皆さんは、気合が入る賞金ではないでしょうか。

決勝の出演者たち10組!

総数636組の女芸人がエントリー!これまで1回戦、2回戦、準決勝が行われ、準決勝の結果、以下の10組が決勝進出となりました。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出  はなしょー

決勝進出者の中で最初に名前を呼ばれたのは、はなしょーでした。

画像引用元:https://goo.gl/QMMzZv

その時の杵渕さんは「正直落ちたって思ってたんで…。何か本当に通れて良かったなって…すみません、うまいこと言葉が出て来なくて…」と万感の面持ち。そして「いつも通り元気よく、頑張ってやっていけたらと思います!」、

山田しょうこさんは「一回戦からずっと、(杵渕)はながすごい良くて。なので、決勝はもっともっと、面白いネタができると思うので、優勝目指して、一秒も無駄にしないよう頑張ります!」と、決勝までさらにネタを磨いていくことを宣言したそうですね。

また、ふたりは、ずっとニッチェさんに憧れていたとのこと。今回、その憧れのニッチェと一緒に決勝に出られることがうれしいとも語っていました。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出  中村涼子

画像引用元:https://goo.gl/ydHR2C

少女漫画的なシチュエーションを得意とするピン芸人と評されている中村涼子さん。

彼女は「本当に、(これまで)どんなことでも決勝に行ったことがなかったので、ずっと決勝というものに行ってみたくて。ここ数年、ほかの賞レースでも(決勝に)行けず、『私はここが天井なんじゃないか』と思っていたとのこと。

「日テレ100%券」の使い道について尋ねると「『イッテQ!』に出たいです!」と連発し、今回の女芸人ナンバー1決定戦に対する意気込みを語りました。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出 どんぐりパワーズ

共にインパクト大の体格を誇るどんぐりパワーズさん。最近、お二人のような体格を売りにテレビ出演する芸人の方が増えましたね。

画像引用元:https://goo.gl/fX3DhY

あいこさん「本当にこんなことになるとは思ってなかったので、すごくうれしいです! こうなったら、一等賞目指して頑張りま~す!」、ミナコさん「賞レースとかずっと無縁だと思っていたので本当にうれしくて。本当に泣きそうなんですけど、とにかく頑張ります! 優勝するぞ!」と決勝への意気込みをこのように語りました。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出 牧野ステテコ

自称“浅井企画の木村カエラ”こと牧野ステテコさん。

画像引用元:https://goo.gl/UNkjt5

彼女は「ネタが評価されるってうれしいなっていう気持ちです。引っ越しして、ちょっと運気が上がったような気がします! うれしいです、まじで!」と、今回の決勝進出に対する気持ちをこのように表現しています。

「日テレ100%券」の使い道については、私も『イッテQ!』に出たいです!」とこの番組の出演意欲を表しました。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出 押しだしましょう子

アマチュアのエントリーの中で唯一決勝進出を果たしたのが、押しだしましょう子さんです。

画像引用元:https://goo.gl/HmJ5ax

漢書は、現在鳥取市役所に勤務という異色の経歴の持ち主であります。そんな女芸人ナンバー1決定戦は今回の決勝進出に対し「お客さんがすごく笑ってくれて本当にうれしくて、出番の後たくさん涙を流したので、今ちょっと放心状態です。このような場所に立たせていただいて本当にありがとうございます」と、彼女の人柄がわかるこのようなコメントを残しています。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出 まとばゆう

ピアノ芸人のまとばゆうさん。今回の決勝進出について「決勝に行けて本当にうれしいんですけど、中村涼子ちゃんが、手作りでだるまのバッジを作ってくれました。そして、紺野ぶるまちゃんも持ってるんですけど、ぶるまちゃんは『ぶるま』だけにパンツが付いてるバッジを、私はピアノ芸人なので、鍵盤が付いてるバッジをくれました。そしたら3人とも決勝に行けました! 中村涼子最高~!」と絶叫したとのことです。

画像引用元:https://goo.gl/1H8a9m

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出 ニッチェ

今やこの二人組の存在を知らない人は少なくなったと思います。多くのレギュラー番組を抱え、決勝進出者の中でも屈指の知名度を誇るニッチェさん。

画像引用元:https://goo.gl/QMMzZv

近藤くみこさんのコメント

「最近私たちは物食べる人だと思われていて。実はずっと前からネタも頑張っていたんですが、なかなか決勝の場に行くことができなかったので、今回選ばれて本当にうれしいです」

江上敬子さんのコメント

「こういう場に立てて、2人でずっとネタを作り続けてきて良かったなと、今心から思っています。二人とも体形がちょっとファットで、そういうところが個性だと思っていたんですが、やっぱり女芸人がたくさん集まると、われわれなんてガリガリの方なんだなって(笑)。」

このような表現で、大会に参加した女芸人たちの体形をいじり、その場の笑いを誘いました。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出 ゆりやんレトリィバァ

ゆりやんレトリィバァさんは、学生時代アジアンさんに憧れてたと語っています。しかし、隣にいたアジアン・馬場園梓さんからは「うそつくなよ! 別の番組で友近さんって言ってたやん!」とツッコまれてしまう場面がありました。

画像引用元:https://goo.gl/1fy6bb

「日テレ100%券」の使い道について尋ねると、「『NEWS ZERO』に…。一番肌に合ってると思います。」とバラエティではなく報道番組へ関心が高いことをアピールしました。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出 アジアン

ことしでコンビ結成15年目となるアジアンさん。今回の決勝進出についてお二人は次のように語っています。

画像引用元:https://goo.gl/rSK7QU

馬場園梓さんは、「われわれも漫才をずっとやらせていただいていて。多分この中では一番芸歴が長く、年も一番上だと思うんです。隅田(美保)さんがことしで68…?」と早速ボケを見せました。そこで隅田さんはすかさず「68やったらもうちょっと褒めて?」と返すなど、これまでの経歴を物語るようなやりとりを展開し、周囲の笑いを誘いました。

「日テレ100%券」の使い道については、『踊る!さんま御殿!!』には20回ぐらい出たい、そして、『ヒルナンデス!』の何色の何のヤツ(金曜日の人気コーナー『三色ショッピング』)に出たいですと馬場園さん、『ヒルナンデス!』のスタジオに出たいと隅田さんは、それぞれの思いを語りました。

女芸人ナンバー1決定戦 決勝進出 紺野ぶるま

紺野ぶるまさんは、「私のことを全く知らない方もいらっしゃると思いますし、私に対して、深夜とか大人のネタをするっていうイメージを持たれている方もいらっしゃると思うんですけど、『紺野ぶるまって意外とコントもできるんだ』というところを今回の決勝戦でご覧になっている方に見せたいと感じていると話しています。

画像引用も元:https://goo.gl/JwKFef

そして得意の下ネタに頼らず『意外な翼を持ってるんだな』『新しい翼がこいつに生えたな』って思ってもらえるような芸を見せていきたいとも語り、「優勝して松竹芸能を引っ張っていきたい」という熱い思いまで語ってくれましたね。

女芸人ナンバー1決定戦 見どころ

さて今回は、上記の10組が決勝進出者でテレビ番組で人気の女性芸人から、芸人から支持を集めている女性芸人まで様々な経歴を持つ選ばれし芸人が決勝戦を戦いますが、その中でも何と言ってもアジアンの隅田さんに注目が集まっているようですね。

それは、「ブスいじりが婚活に響く!」という理由でテレビ出演していなかったとのことです。約3年ぶりにテレビ出演となり、婚活の状況も明らかにしてくれそうですね。

また、芸人としての実力を見るという視点では、アジアンさん・ニッチェさんの名前が挙がってくるような感じがしますが、今年の勢いからするとゆりやんレトリィバァさんのネタも見どころの1つになると思います。

女芸人ナンバー1決定戦 松本人志×高須光聖 副音声で登場

今回の女芸人ナンバー1決定戦で決勝進出した芸人に対するコメントを副音声でも放送すること決まりましたが、そのメンバーにはなんと!ダウンタウンの松本人志さんと放送作家の高須光聖さんのお二人が出演されることが決まっています。

松本人志さんと高須光聖さんと言えば、約7年間にわたって放送された伝説のラジオ番組「放送室」の再来をイメージされた方も多いと思います。

松本人志×高須光聖 副音声で登場 放送室の再現!?

松本人志人の「放送室」は、2001年10月4日から2009年3月28日までTOKYO FMをキーステーションに、AIR-G’を除くJFN37局ネットで放送されたラジオ番組。『松本人志の放送室』とも呼ばれる。放送開始当初はJFNCが制作していたが、2005年7月にTOKYO FMに移行された番組です。

引用元:ウィキペディア

約7年間で391回放送され(そのうち数回は松本人志さんが欠席、代役で宮川大輔さんが出演するなどがありました)、松本人志さんと幼馴染である高須光聖さんと子供の頃の話から芸人の世界、ダウンタウンの浜田雅功さんや山崎邦正さんなど、親しい芸人仲間のエピソードなど、面白いトークを繰り広げました。

そのトークの中で、松本人志さん高須光聖さんが女芸人を心配する場面がありましたので、その音声動画をご紹介します。

「松本人志×高須光聖 女芸人はどうしたら幸せになるのか?」

放送室の他の音声はこちらからどうぞ ←ここをクリック

約8分間にわたるトークですが、二人の視点で女芸人を心配する、そんなシーンを思う浮かべながら聴いて欲しいと思います。

いよいよ決勝当日を迎えました。

女芸人ナンバー1決定戦はどのような結果に、その芸人が賞金1,000万円を手にするのか、今から楽しみですね。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク