スポンサーリンク



日馬富士問題に関する武井壮さんのツイートが「正論」だと話題に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日馬富士問題に関する武井壮さんのツイートが「正論」だと話題に

そのツイートがこれです。

その場にいて目で見たことではないので、一般的な報道のみの情報で判断しかありませんが、先輩が後輩に暴力を振るったことは、人として許しがたい行為です。

原因が人が話をしているときにスマホを触ったこととされていますが、これが本当ならそれは本人の常識の問題。言い方はあるのでしょうが、ここは口頭で注意することがあるべき姿だと思っています。もちろん、言い方だってパワハラと思われるような言い方も良くありません。

暴力と言っても「言葉の暴力」というのもありますからね。先輩と後輩、上司と部下というような上下関係にはついてまわるものです。

いくら精神的に強い人だって、こうした体に危害を加える暴力も精神的なダメージを与える暴力もどちらも同じ暴力です。自分の思い通りに人を動かしたかったら、人望で動かしなさいと言いたいところです。

人を動かす、人の心を動かすという場面においては、相手の納得・理解があると思いますし、相手が納得・理解するためにはその相手に「傾聴する心」がないとその真意は伝わらないとおもいます。親子関係であっても、100%伝わるとは限りません。自分が動かされる・自分の心が動かされるという場面を想像するとよりわかりやすいと思います。

この事件の場合、相撲協会のしがらみや誰かの権威を守るというような組織的な背景が潜んでいるようなので、報道だけの情報を判断をしたくありませんが、やはり人道的な観点からすれば、日馬富士の非が問われても仕方ありませんね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする