ゴルゴ13 外務省 反響

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ゴルゴ13 外務省 反響

「ほんの少しの油断が命取りになる……」。

人気漫画「ゴルゴ13」の主人公、

デューク東郷(ゴルゴ13)が、

海外進出する中小企業に安全対策を

「指南」する外務省制作の漫画が

反響を呼んでいますね。

画像引用元:https://goo.gl/Lvej5G

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」

↑ クリックすると、外務省のページにジャンプします。

同省の「海外安全ホームページ」で

3月下旬に配信が開始されて以来、

なんと!

アクセス数は80万件に迫っているとか?

世界を駆け巡るゴルゴ13

“依頼”したのは誰???

ゴルゴ13 外務省 反響

さいとう・たかをの大人気漫画

ゴルゴ13』の主人公・デューク東郷に、

外務省から驚きの依頼が舞い込んだのは昨年?。

その理由は中小企業の海外安全対策を

指南してほしいというものなのですが…。

外務省の起用に

「デューク東郷とんでもないな!」

「これは名案! 外務省すげぇわ!」

「攻めすぎだろwww」

などような称賛の声が上がっているのを

ご存じでしょうか。

ゴルゴ13 外務省 反響

実際に外務省の同ページでは、

下記のようなメニューが用意されていました。

舞台 テーマ
第1話 日本 外務大臣からの依頼
第2話 パキスタン 「たびレジ」
第3話 タイ 外務省海外安全情報
第4話 インドネシア 中堅・中小企業
海外安全対策ネットワーク
第5話 ベルギー 情報収集
第6話 メキシコ 海外渡航の基本的心得
第7話 フィリピン 安全のための三原則
第8話 ドイツ オフィスの安全対策
第9話 ケニア トップの意識
第10話 トルコ 平時の危機管理
第11話 イラク 有事への備え
第12話 イラク 有事への対応
第13話 米国 Gマニュアルの完成

この背景にはご存じの通り、

テロの脅威が欧米やアジアにまで広がり、

在外邦人もその標的になっている情勢を受けて、

外務省が特設サイト

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」

を公開し、企業の海外赴任者が

「ゴルゴ13」の漫画で

テロにどう対策すべきか解説。

個人的には、

形はどうであれ、伝えたい相手に

分かりやすい形で伝えることが

最優先だと思います。

しかし、漫画という手段は

思い切った形を取りましたね。

漫画世代の方々が、

企業の中心人物となっていることも

理由の一つではないかと

考えます。

ゴルゴ13 外務省 反響

外務省が発表した

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」

の解説動画がありましたので、

ご紹介いたします。

ゴルゴ13 外務省 反響

世界のテロ等発生状況は、

下のリンクで公開されています。

公安調査庁世界のテロ等発生状況

6月だけでも11件もこうした事件が

発生しており、

日本に住んでいるとこのような状況は

とても現実には思えないと感じます。

ゴルゴ13 外務省 反響

日本人もテロの標的に・・・

こんな恐ろしい話が現実と

なっています。

こうしたこともあり、

日本人もテロの標的になり得るという厳しい現実、

またテロは世界中に拡散し、

レストランや広場、

交通機関などのソフトターゲットが狙われて、

組織に関係ないローンウルフや

ホームグローンのテロリストが

増えていること等々がその理由となっています。

どれもテロ予防を一層困難にする要素で、

安全情報の発信にも工夫の要ることが

痛感されたことが外務省の行動に

繋がったと思います。

画像引用元:https://goo.gl/9xxTJH

海外に赴任される方、

海外出張の多い方、

ぜひ一度、このマニュアルに目を通され、

仕事に従事していただきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク