ラベンダー 語源は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ラベンダー 語源は

アロマにもよく用いられる人気の花、

ラベンダー。

その香りのよさだけでなく、

見た目にもきれいなうす紫色の花が咲くので

「ラベンダー色」という呼び名が

よく使われているのをご存じだと思います。

画像引用元:https://goo.gl/9yqaGr

さて、

このとても愛らしい花である

ラベンダーの花言葉を、あなたはご存知でしょうか?

ラベンダー 語源は

さて、ラベンダーの語源ですが、

「洗う」を意味するラテン語の「lavare(ラワーレ)」と、

アロマテラピーの教科書に書いてありました。

古代ローマ人たちは、

お風呂にラベンダーを入れたり、

または傷口を洗ったりしていたため、

「洗う」が語源になっているとのこと?

実はらべんたーの語源には、

諸説あるそうです。

ラベンダー 語源は

ハーブの中でも代表的な花のラベンダー。

ラベンダーは見た目も香りも

落ち着かせるのでとても人気がありますね。

その落ち着いた香りは様々な

リラクゼーションに用いられるほど。

私たちの身近なところで言うと、

芳香剤として使用されたりなど

花本来としての人気に加え色々な

商品にもなっています。

スポンサーリンク



またラベンダーは

フランスのプロヴァンスという地方の

ラベンダー畑が有名ですが、

日本では北海道の富良野などが

ラベンダーの観光地として有名ですよね。

こうした観賞用としても商品としても

とても身近な花のラベンダーですが、

みなさんはラベンダーの花言葉を

意外と知らない方も多いと思います。

ラベンダー 語源は

ラベンダーは、

イギリスのチャールズ一世

マリア・ヘンリエッタ妃

のお気に入りの香水に使われるほどの

ものでした。

さらに、

古代ローマ時代では薬草としても

使用されていたことがわかっています。

画像引用元:https://goo.gl/MMWJGe

ラベンダー 語源は

さて、花言葉ですが

沈黙、疑惑

「沈黙」の花言葉は、

「香りに心を安定させる効果」

があることからできました。

「疑惑」の花言葉は、

毒蛇はラベンダーの香りに集まります。

このことから

「ラベンダーが咲いていたら

 毒蛇がいるか疑え」

という言葉からできた花言葉です。

期待、私に答えて下さい

「期待」「私に答えてください」

という花言葉は、

「ラベンダーの香りは

 なぜこんな強い効果を及ぼすか?」

とわくわくする気持ちがあります。

そのような強い力に対しての

気持ちからできた花言葉です。

ラベンダー 語源は

ラベンダーは、

地中海沿岸を中心とした地域が原産です。

古くからヨーロッパで愛されてきた

「ハーブ(herb)の女王」。

画像引用元:https://goo.gl/2rkiaf

日本に伝わってきたのは江戸時代末期らしく、

「ヒロハラワンデル」と

呼ばれていたようです。

しかし、その当初はなかなか普及せず、

昭和に入ってからは香料作物として

試験導入されるようになってから、

気候の適した北海道で

栽培され始めたとのこと。

そして現在は、

富良野のラベンダー(Lavender)畑が

観光地として有名になりましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク