スポンサーリンク



文章力をつけるには 社会人として

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文章力をつけるには 社会人として

自分の書いた文章をわかりやすく

まとめるためには・・・

「伝達力」

という言うものが必要だと思います。

この伝達力は、

次のような算式であると考えます。

文章力をつけるには 可読性×可解性

可読性×可解性

つまり、

「可読性」

一文ごとの読みやすさと、

「可解性」

文章の理解しやすさ

ということになろうかと思います。

文章力をつけるには 言葉を厳選する

言葉を厳選する、

これは不要な言葉を排除することです。

例えば、重複表現、カタカナ語、

使わなくても意味が分かる言葉に

置き換えたりすることです。

例)重複表現やカタカナ語を控える

まず最初に⇒最初に

処理を行う⇒処理する

トレーニング⇒研修、訓練

ローンチ⇒展開

そして、

曖昧な言葉を置き換えるということも

必要です。

例えば、形容詞と副詞を

定量表現に改める、

そして、「~的」「~化」「~度」の

使用を控えて、

意味が分かりやすい言葉に置き換える

ということになります。

文章力をつけるには 骨組みをわかりやすくする

骨組みをわかりやすくすることは、

相手に全体の流れをわかりやすくする

という意味になります。

具体的には、

文章の主語・述語を明確にする、

主語を省略しないようにする、

主語と述語が一致しているかどうかを

確かめることをするだけで、

ずいぶんと文章の骨組みが

しっかりしてくると思います。

例)誰が何をしたのかわからない

「佐藤係長の上司に確認したところ、

懸念を示していたそうです。」

誰が確認したの?

誰が懸念を示したの?

となります。

また、

修飾語を受ける言葉を特定できる

ようにする、

そして、表現した文章に別の意味が

含まれていないかどうかに

注意すると良いでしょう。

「誰が何をどのようにした」

これを意識することで、

かなり骨組みがしっかりした文章を

書けるようになると思います。

文章力をつけるには 文をつなぐ

文をつながっていない、

つまり、

前後関係がしっかりしていないと

何を伝えたいのか

不明瞭な文章になってしまうことに

他なりません。

そこで、ピラミッド構造で文を

整理する、

文の順番を整えてつなぐという

作業を行います。

この文書をつなぐための言葉、

すなわち、

接続詞を適切に使うことが

重要なポイントだと思います。

例)接続詞

「だから」原因と結果をつなぐ

「そして」追加をする

「または」複数の選択肢をつなぐ

「つまり」先行文を言い換える

「なぜなら」先行文の理由である後続文をつなぐ

「さて」先行文と別のテーマがつながることを予告する

上記は一例ですが、

文章と文章をうまくつなぐには

接続詞を適切に使うことが

とても大事だと思います。

文章力をつけるには 社会人として まとめ

長文を書いていると、

途中で脱線しまいがちです。

前にも書きましたが、

ゴールをしっかり決めないと、

文章が脱線し、

読み手の頭に???をつけて

しまう結果となります。

一度書き上げた文章を一旦、

自分で読み直し、

1 言葉を厳選する

2 骨組みをわかりやすくする

3 前後関係を確認する

ということをチェックし、

必要であれば、文の入れ替えをしたり、

あるいは不要な文を削除したり、

余計な言葉を排除したり、

このような作業の繰り返しをすることで

文章は洗練されます。

こうした作業を繰り返しおこなうことで、

視線と文章を書くスキルが上がってきます。

本を読むということもスキルアップに

繋がると思いますが、

文章を書く機会を同時に増やしていくことで、

より速いスキルアップが望めると思います。

書くのは苦手!

という方も多いかも知れませんが、

それは食わず嫌いと同じなのかも知れません。

最初からうまく文章を書こうと

思わないで、

日記感覚で書いてみる。

ブログでいいと思います。

書く・読む

社会人として文章力をつけるには

このような努力を続けることで、

きっと自分でも驚くくらい、

文章力が高まってくるはずです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする