スポンサーリンク



お願い致します どんな意味? 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お願い致します どんな意味?

お願いする=依頼する

「依頼をするということ」

さて、生きているといろんなことを
人に頼むことがあります。 
人に頼むということに関して、
最近、「おやっ?」と思うことが
ありましたので、書いてみようと思います。

それはどのようなことかと申しますと・・・

「相手の立場になって考えることが必要」

ということが大事なんじゃないかな?
と思った事例です。

”依頼をするということは、
人を動かすことに他ならない”

仕事で言えば、専門部署への仕事の依頼や
何かの業務を果たすために、
スタッフに資料や会議準備の依頼
をすることも含まれるかと思います。

その場合においても

「何で自分がやらなきゃいけないんだ?」

とならないように、
依頼した業務は何故必要なのか、とか
その業務の背景などを説明する、
というようなことも
場合によっては必要なアクションです。

それではプライベートではどうか?
依頼した相手が

・苦痛を伴うもの
・容易ではないもの
・費用がかかるもの

というような内容であれば、
通常の感覚ですと、そのような依頼をする
ようなこともしませんし、
当然、依頼されたくもありませんよね。

もちろん、依頼された相手との

「人間関係の深さ」

よっては、例外もあるでしょう。

何かを相手に依頼する時は、
自分の都合によるケースが多いと感じます。

ここでも、

「人間、一人では生きていけない」

ということに繋がっていくのではないか、
と思います。

多くの方が
「人間、一人では生きていけない」
という言葉を何かしらの場面で
ご覧になったことがあると思います。
お互いに関わり合いを持ち、
その中で良好な人間関係を構築するために、
互いに配慮しながら、
コミュニケーションを交わす。
こうしたSNSも例外ではありません。

伝えたいことや言いたいことがあれば、
相手にきちんと伝え、言えばいいと思います。

しかし、会話なら言葉、文字なら表現に
配慮しないと誤解を受けたり、
あるいは人間関係そのものを壊したりします。

だから、

「相手の立場になって考える」

ことが必要だと思います。

人と人の間には、
言葉や文字でお互いの思いや考えを交わす、
コミュニケーションという場が
必然的に発生します。
その時に注意したいのは、
「思ったことを言う」ことと、
「伝えたい・言いたいことを表現する」

ことは異なるものだと認識すること。

ましてや自分の都合で何かを依頼する時は、
細心の注意を払いたいものですね。

【良好な人間関係】

これほど心地良いものはありません。
例え相手に否定的なことを伝えるにしても、
表現方法が適切でなければ、
一瞬にして関係性を壊します。

「自分の言葉に責任を持つ」
「自分の書いた文章に責任を持つ」

これがどんな意味なのか、
考えながら行動していきたいと思います。

このように考えると、
政治家をはじめとする発言に大きな影響を
及ぼすような方々の苦労は想像以上ですね。

政治家ではなくても、
一度発言・文章表現した内容を
撤回・修正するのは難しいですから、
どんな場合においても、
相手への配慮が必要だと思います。

さらに、
人に何かを依頼する場面においても、
相手の立場を考える習慣をつけたいものです。

・苦痛を伴うもの
・容易ではないもの
・費用がかかるもの

といったことになっていないかどうか・・・

そのあたりにも注意が必要ですね。
良好な人間関係を維持するために。