スポンサーリンク



文章力 鍛えるには いきなり書くのは禁物!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文章力 鍛えるには いきなり書くのは禁物!

「いきなり文章を書くのは禁物」

会社で文章を書くことが頻繁にありますが、

上司から「何を伝えたいのかわからない。」

と指摘されると凹みます(笑)

そんな文章にならないように注意したいものです。

画像引用元:https://goo.gl/bMqHaK

基本的な姿勢として、

「相手からどう見えるかを意識する」

ということが大事だと思います。

つまり、次の4つの要素について

意識することが必要かなと思います。

1.相手が文章の意味を理解できる

2.相手が文章の内容に納得する

3.相手が期待通りの行動を取る

4.相手が意欲的に行動する

ということ。

普段のメールやLINEのトークのような

ショートメッセージならともかく、

長い文書になると、

最後まで読んだ段階で、

「この人、何を伝えたいのだろう?」

と思われてしまっては、

ダメだということなんですね。

自分も気を付けたいと思います。

文章力 鍛えるには 4つの条件

相手からどう見えるのか?意識する

相手に通じる・・・

つまり、

  • 理解される
  • 伝わる
  • 共通理解を持つ
  • 適用する

というほかに、役に立つという意味も

含まれると思います。

画像引用元:https://goo.gl/MXPYXU

SNSの投稿でもコメントでも、

こうした姿勢を意識しないと

例え短い文章でも伝わらないことも

あると思います。

たまにコメントを頂いても、

どんな返信をしたらいいのだろう?

と悩むような返信コメントを頂くことも

あると思います。

相手にこんな気遣いをさせては

いけないのかな?と思ってしまいますね。

文章力 鍛えるには 相手が文章の意味を理解できる

文章を書いた本人が理解できても、

相手が理解できていなければ、

意味のない文章になってしまいます。

せっかく時間をかけて書いた文章ですから、

やはり相手に理解してもらえるような

文章を書きたいですね。

そうした意味では、

ブログでもSNSでも写真を掲載し、

書いた内容をイメージしてもらうという

方法も出来ると思います。

画像引用元:https://goo.gl/SNqnWR

表現が上手な食レポまでのレベルでは

ないにしろ、

写真からイメージできる自分の感想を

入れて表現するようにしたいものです。

基本的には、自分の素直な気持ちを表現するのが、

一番だと思います。

さらに、

「表現がうまいな」とか、

「わかりやすい文章だな」とか、

感じた人の投稿や文章を見る習慣をつけるのも

ひとつの学習方法化も知れません。

文章力 鍛えるには 相手の存在が重要

文章を書いて相手に読んでもらう、

つまり何かのアクションを促したいという

気持ちがあるから文章に表現すると思います。

それは、

  • 共感して欲しい
  • 情報を受け取って欲しい
  • 自分を知って欲しい

など、自分勝手なものではなく、

素直に相手に伝えたいという気持ちが

そのようにさせていると理解しています。

画像引用元:https://goo.gl/w86YQf

特に共感を得たいということにおいては、

コミュニケーションの要素として

とても大事であると思います。

SNSの場合ですと、

同じ価値観や視点、常識といった方々との

やり取りは本当に楽しいとおもいます。

こうした楽しさをお互いに感じて、

自然とコミュニティが

形成されていくのでしょうね。

自分の投稿にコメントがつかない・・・

ひょっとしたら相手に伝えたい内容が

うまく伝わっていないかも知れません。

文章力 鍛えるには 専門用語は控えめに

ITや医療などの現場では、

お互いに専門知識を有する方々同士の

コミュニケーションの場では

専門用語が飛び交っていることと思います。

しかし、素人には

「何を話しているのだろう?」

と全く言語が違う世界を感じてしまうことも

あろうかと思います。

ある通信技術の専門家同士の会話を

聞いたことがありますが、

それはもう横文字の世界で、

何がなんだかわからず、

途方に暮れたことがありました(笑)

こうしたことを防ぐためには、

専門用語は出来るだけ使わず、

また自分たちだけで通用する

俗語のようなものも控え、

文章を書くようにするといいかと思います。

画像引用元:https://goo.gl/PtRaKg

時には、

専門用語を解説してあげると、

喜ばれるかも知れませんね。

文章力 鍛えるには 相手に期待するゴールを設定する

文章を読んだ相手に、

どんな行動をしてもらいたいのか?

こうしたことを考えてから書くと

より伝わりやすい文章が書けるように

なると思います。

多少、前述の話と

重複してしまうかも知れませんが、

私はこの記事を通して、

「文章を書くのが苦手」と感じる方が

少しでも減って欲しいと思って、

このブログに投稿しようと思いました。

そのような気持ちになったきっかけは

facebookの投稿と返信コメントです。

数々の友達の投稿を拝見していると、

分かりやすい文章に加え、

適切な写真を投稿している方が多く、

その人の人物像が見えてくることも多いです。

とても素敵に思えましたね。

文章の表現は、自分を表現することにも

繋がりますので、

読み手の立場を考えて、

読み手の方に自分の文章を読んで

「どうしてもらいたいのか?」を

考えると、

自然と相手の立場になって考えた文章に

なっていくと思います。

画像引用元:https://goo.gl/PtRaKg

お互いに相手に伝わりやすい文章が

書けるように頑張っていきましょう!

わかりやすかったよとか、

わかりにくかったよとか、

ご意見をいただくとたいへん嬉しく思います。

率直な感想をお聞かせ下さいね。

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました!