関心を寄せる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

6月22日の話

「関心を寄せる」
おはようございます。
今日の神奈川、今にも雨が降りそうな
天気です外出される方は、足元に注意ですね。
さて、仕事で議事録をチェックする場面が
あるのですが、気づいたことがあるので、
投稿しようと思います。それは・・・ 

【議事の内容を頭で描く】 

ピンとこないかも知れませんが、
議事録を書くではなくて

【描く】 

です。

具体的にお話ししますと、
次のようなシーンに遭遇しました。

ちなみにその会議は、何かを決めるような
会議隊ではなく、発表がメインのものでした。

うちのスタッフがある会議の議事録の
録音データをチェック

→発言者の発言内容を確認
→発言内容を要約
→文章にする

という作業を行い、
その会議に出席した役員に完成した議事録の
確認を依頼しました。

会議当日、その役員は発言者の言葉に
ついてメモ程度のようなことを、
資料に書きこんでいたことは
知っていたのですが・・・

スタッフが作成した議事録をチェックした
その役員。

逃してはならない発言内容をいくつか指摘。
音声データを聞いているはずのスタッフの
文章に追記の指示。

そのスタッフは議事録作成には3年近く
経験もあり、
これまで彼が書いた議事録チェックでは、
あまり追記や修正の指示がなく、
安定した議事録を作っていたスタッフでした。

会議で発言した人数は、18名。
18名全員の話を良く聴き、
全員の話の要点を記憶。

私にとっては、まさしく神業! 

この背景には、

1 発言者の発言趣旨・意図を瞬時に理解
2 要点だけ簡単にメモ

少なくともこうした要素があると
思っています。

そこで、昨日のwebセミナーで
自分もトライしてみました。

セミナーを聴きながら、
メモ帳開いてメモを取る。

結果…

今日、ダウンロードした音声を再確認し、
メモと比較しようと思います。
人の話を

【聴く】 

とは、

ということは、相手に関心を持って
話を聞くことだと改めて痛感しました、

文章も同じですね。
相手に関心を持って相手の文章を読む。
そうしたら、コメントにも気持ちが入り、
コミュニケーションが進む。

そして、

【描く】

とは、聴いたことを的確に
アウトプットするということだと
思っております。

こうしたやり取りが出来ると、
SNSをさらに楽しめますよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク