しくじり先生 オリラジ中田のプレゼンが好評だった!動画あり

スポンサーリンク

オリエンタルラジオの中田敦彦さん。以前、しくじり先生に出演した際に、プレゼン力に称賛の声がたくさんツィッター上に流れましたね。

上のツィートは、ほんの一部ですが、このツィートだけでも中田さんのプレゼンがいかに良かったのかを伺い知ることができると思います。

しくじり先生・中田敦彦の熱弁に思わず目頭が!プレゼン力抜群と話題

さて、たくさんのツィートでも絶賛された中田敦彦さんですが、どんな場面でもそのプレゼン力を発揮していると思いますので、実際のところどのように巧いのか、動画をご用意いたしましたので、ご覧下さいね。

いかがでしたか?

オリエンタルラジオ中田敦彦さんの人を惹き付けるプレゼン力が絶賛されていることに納得がいく方も多いと思っています。

実際にプレゼンをする立場になってみると、

プレゼンで訴えるコンセプトが完全に理解されていること

プレゼンで語るシナリオが完全に把握していること

プレゼンで話すテンポや言葉使いが、聞いている人全員に理解してもらえるように配慮すること

少なくとも上記3点は、絶賛されるプレゼンの重要なファクターだと思います。

中田敦彦さんプロフィール

オリエンタルラジオ 中田敦彦さんのプロフィールです。

本名 中田 敦彦(なかだあつひこ)
ニックネーム あっちゃん
生年月日 1982年9月27日
出身地 大阪府高槻市
血液型 O型
身長 173cm
最終学歴 慶應義塾大学経済学部卒業
コンビ名 オリエンタルラジオ
相方 藤森慎吾
芸風 ボケ

下の動画は、最初にブレイクした時、若気の至りともいうべき、ラジオ番組中に逢い方である藤森慎吾さんと大喧嘩した時の動画です。

こんな時もあったのですね。

今から振り返ると、この事件があったからこそ、今のオリエンタルラジオに成長したと思いませんか?

大学を卒業し、あれよあれよという間にレギュラー番組を任され、たくさんの方々からチヤホヤされると、年齢的にまだ未熟であった彼らは、このような事件を起こしてしまう。誰であっても、同じような結果となってしまうと思うのです。

中田さん出演「しくじりアワード2015」

「しくじりアワード2015」に中田さんが出演した時は、過去の放送でしくじり先生として出演した方々20名が勢揃いしました。中田さんにおいては、非常勤講師として出演。

出演した中田さんのプレゼンの評価は、

  • 切れ味のよさ
  • 説得力抜群のプレゼン力
  • 話術

にとても魅力があったため、彼の話に夢中になって観てしまう人が絶賛の声を上げたのです。

中田さんの主張「しくじりアワード2015」の中では?

とても心に響くことを中田さんは語っていましたね。

  • 人は本気になった時、恥ずかしいと思う気持ちより再起に賭ける気持ちの方が強く動く
  • 人間の全盛期は常に未来にある
  • 失敗の共有は社会貢献である
  • ベストなしくじり先生は人によって違う

この言葉は、本当に「しくじった!」という経験をお持ちの方なら、とても理解出来るものではないかと思います。誰しも、何かしらのしくじりをしていると思いますが(笑)

プレゼンの魅力 中田敦彦編

振り返ってみると、中田敦彦さんのプレゼンの魅力は、大きく三つの要素に分けることができると覆います。

1. 笑いの要素が盛り込まれている

もちろん、お笑い芸人なので笑いを巻き起こすスキルがあって当然と思われがちですが、中田さんのプレゼンには笑いの要素がプレゼンの中でたくさん盛り込まれています。

すなわち、笑いの『ツボ』がしっかり埋まっているということ。

人はの関心は、その相手の面白さにとても引き寄せられます。聴衆に自分の話を聞いてもらうためにはまず、人の関心を自分に向けてもらうことが大事。こうしたテクニックを憎いくらいに駆使したのが、中田さんのプレゼントということになろうかと思っています。

2. はっきり聞こえる大きな声と小気味よい話のテンポ

中田さんの声は地声も大きい方なのでしょうか、演壇に立って話をする声はとても大きく、そしてはっきりと何を話しているのか聞こえることが特徴だと思います。

また、声の強弱もそうですが、なにしろ話のテンポがとても良い!聞き手にとって、聞きやすい話のテンポというものがあると思いますが、中田さんの話のテンポは聞き心地が良かったと思います。

3. ストーリー性のある話とオチもあるところが憎い!

さすが芸人!と思ってしまうくらい、聞き手が話の流れをより理解しやすいようなストーリー性のある話が出来る芸人さんですよね。

聞き手が関心をよせるようなエピソードあり。そして、エピソードで話が途切れるかと思いきや、きちんとストーリーを理解させながら、話を展開する。これも彼の計算なんでしょうね。そこに絶妙なタイミングでオチが来る。

そんなプレゼンされたら、拍手喝采となるのが当然です。

「しくじり先生 オリラジ中田のプレゼンが好評だった!動画あり」のまとめ

記事内でベタ褒めしましたが、このようなプレゼンが出来る人って中々いないと思うのです。

会社におけるプレゼンを何度が聞きましたが、お笑いの要素がなくとも、ストーリー性くらいはしっかり掴んで欲しいと思うことがたくさんあります。

これは芸人ではなくとも、相手に理解しながら話を進めるという技術ですから、会社でプレゼンを行うことが多い人ほど、身につけるべきスキルではないでしょうか。

中田さんのプレゼンをただ単にお笑いの一部として視るのではなく、見習う部分をしっかり視て参考にするべきところはしっかり理解しておきたいものです。会話をしても、相手に理解されないと会話のキャッチボールができないですからね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク