中国メディアに「限韓令」? 韓流スターにモザイクも

スポンサーリンク

中国と韓国の関係悪化にストップがかかりません。

一時は、中国と韓国が蜜月関係にありましたが、韓国内のTHAAD配備問題をきっかけに、中国側から韓国に対し、厳しい態度をとるようになりましたね。

韓国に対する制裁続く

今年の年央に開催された中国の抗日勝利記念行事の軍事パレードに出席した韓国の朴大統領。ロシアのプーチン大統領と共に、中国の習近平国家主席と3人で並んで歩く姿が話題となっていましたが、今となってはそれもどこかに消えてしまいました。

その後、中国側は韓国人の中国入国に際し、商用ビザ発給の制限を行ったり、中国人の韓国入国も制限しようとしたり、対韓国制裁の手を緩ませることはありませんでした。

とうとう芸能界にまで規制が入れてきたのか?

中国で韓流スターの露出を制限する「限韓令」が出ていると、中韓両国の間で騒ぎになっている。中国政府は公式には認めていないが、韓流スターのテレビや広告への出演が目に見えて減っており、韓国が米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)の配備を決めたことへの中国側の反発との見方が出ている。

中国側からの報道を俯瞰しても視た場合、8月以降は国内のテレビで韓流スターが映像に出た場合は、その顔にモザイクがかける、そして中国国内で映画を撮影する予定だった韓国人監督にビザの発給を認めなかったことが明らかになったとのこと。

最近では、ソン・ジュンギさんが出演しているドラマ「太陽の末裔(まつえい)」の携帯電話向け広告から外されたり、バラエティー番組「パパ、どこへ行くの?」のレギュラーだった歌手のファン・チヨルさんが香港人に途中で交代といったような韓流スターを排斥するようにまでなっています。

韓国人の中国人に対するイメージ

ここまでの記事を書いていると、中国が一方的に韓国に対して制裁を加えていることになりますが、韓国の国民感情として、中国人に対し「あまり良く思っていない」という調査報告を見たことがあります。

こうした感情は、韓国を訪れた中国人旅行者に対する対応にもあらわれ、中国人旅行者とわかれば、定価以上の価格で販売したり、整形手術を依頼する中国人に対しては韓国人より2倍・3倍の施術料を請求することもあると報じられています。

そもそも韓国は長年、中国の属国であったわけですから、ただでさえ上からも目線の中国人はことさら韓国人を下に見る傾向があると思います。

中国人と韓国人。どっちもどっち?

訪日する中国人、韓国人。訪日は結構ですが、自分の国で振る舞っている行為は遠慮願いたい。そのように思います。

日本の家具店でまったり過す中国人観光客

20131127060632a96

画像引用元:https://goo.gl/Fqu77p

空港で待ち時間を自由に過ごす韓国人

eb77fc21

画像引用元:https://goo.gl/4RUVzB

画像のような光景、見たことありませんか(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク