LINEのスタンプ送って残高照会が出来る?みずほ銀行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

みずほ銀行は15日から、スマートフォンの無料通信アプリ「LINE」で、自分の口座の預金残高や入出金明細を照会できるサービスを始めた。国内金融機関で初の取り組みという。スマホに慣れた若年層の取り込みをねらう。インターネットバンキングを利用する人が対象だ。ネット上で店番号や口座番号、パスワードを登録し、LINE上の同行の公式アカウントに専用スタンプを送ると、残高照会や直近の10の入出金明細が分かる。

サービスの登録すればスタンプでやり取り可能となったそうですね。

サービスのページはここ

このLINEかんたん残高照会を利用ためには、みずほ銀行のLINE公式アカウントとまずは友だちになることとみずほ銀行の口座を持っていることことが条件になっているそうですね。。

簡単に登録を済ませるには、みずほ銀行とのトーク画面を開き、メニューから“登録”を選択すれば、“インターネット残高照会サービス”、または“LINEでかんたん残高照会サービス”を登録するURLが送信されるので、店番号・口座番号・氏名・生年月日、キャッシュカード暗証番号、通帳最終残高、といった情報が必要になります。しかし、“インターネット残高照会サービス”を登録している人に限り、手続きをスキップ出来ます。

こうしてサービス開始の登録をしたあと、同銀行のキャラクターが描かれた専用スタンプ『ハリ田みず吉の教えて!スタンプセット』のダウンロード画面に進みます。

このスタンプをダウンロード終了後、トーク画面上でスタンプを送信するだけで「残高」、「入出金明細」の照会結果が通知。トーク画面上にスタンプではなく「残高」、「明細」と文言を送信しても、同じ通知が届くようになります。

銀行のATMに行かなくても、残高照会が出来るのは、とてもいいですね!通帳記帳をしなくなるのがやや心配?しばらく時間が経ってから、一気に記帳をすると繰越手続きに時間がかかり、ATMの混雑が増えそうな気もしますが・・・

LINEによる残高通知は大丈夫なのか?

このみずほ銀行のLINEサービスは、サービス開始をする以前から「LINEのアカウントが乗っ取られたらどうなるのか?」というごく当たり前の心配を懸念する声があったようです。

LINEスタンプだけで銀行とやりとりできる手軽さ・・・私はみずほ銀行に口座を持っていませんが、もし持っていたとすると、しばらく様子を見て、安全と判断した時にサービスを申し込みますね。ただでさえ、私のLINEアカウントに不正アクセスされたと通知がたまにくるようですので、不安がどうしても募ります。

疑い深いのですが・・・不正アクセスされたという通知システムを止めれば、安全という認識が高まります。最近、大手企業による「ごまかし」事件が多いので、どうしても素直に信じることが出来なくなってしまったんですよね。

実際の安全面はいかに?

詐欺事件で世間をにぎわせた”LINEの乗っ取り”。確かに問題視はされていましたが、LINE側もこうした問題に対して、セキュリティーの対策を重ねて実施したことで、今はこの問題が発生したという情報はあまり耳にしなくなりました。

そうは言っても、当のみずほ銀行でさえ、LINEのPINコードの設定、他端末からのログイン許可をオフにするなど、サービスの利用について利用者に対して細心の注意を払うことを警告しています。問題が発生し、預金者に被害が生じたとき、責任の所在を明確にするのが困難なような気がしますが・・・

ネットの世界では100%安全という言葉はない?

あくまでも私の私見ですが、インターネットの世界においては、100%安全と言う言葉はないと思うんですね。

強力なセキュリティと言っても、それを開発したのは人であり、そのセキュリティ対策のシステムを構築できるようなスキルがある人と同じレベルの人は、世界という枠で考えた場合、いくらでもいると思います。

だから、このインターネットのセキュリティを作る側と破る側の”いたちごっこ”が永遠に続くと感じております。

サービスを利用する側のネットに関する知識やスキルといった問題もあると思います。利用者に対し、セキュリティに関して高い関心を持ってもらうと同時に、何をすると被害に遭うのか?と言った基本的な情報を提供し、サービス利用者に対して心配なくこの仕組みを利用していただくような施策も同時に講じてほしいですね。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク